ブックタイトルきずな No.144

ページ
5/16

このページは きずな No.144 の電子ブックに掲載されている5ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

きずな No.144

5 JAなめがた広報誌『きずな』 2014.2 ◆特集★全体運★ネガティブな発想をしやすいので、意識的にプラス思考を。明るい笑顔を心掛けて。花を飾ると開運の呼び水に★健康運★良質な睡眠がストレス解消に効果を発揮 ★幸運を呼ぶ食べ物★セリ ノルディック・ウォークの特徴でもある専用のポールは、スポーツ用品店で購入できます。長さの目安は、ポールの先を地面に付けた状態でグリップを握ったとき、グリップの位置がおへその高さに来るのが適正です。長さは調整できるものもあり、価格もさまざまです。 興味がある方は、まず全国各地で開催されているノルディック・ウォークのイベントに参加してみましょう。各地のイベントでは、初心者向けにポールのレンタルも行っているので、運動しやすい服装とウォーキング用のシューズがあれば、ポールを購入しなくても気軽に始められます。健康増進やアンチエイジングに、運動効率の良いノルディック・ウォークを始めてみませんか。まずは各地のイベントに参加してみましょう!グリップの位置は、おへそくらいの高さを目安に。グリップを軽く握り、ストラップで固定したら、足は骨盤の幅で真っすぐ立ち、肩幅より少し広く持ったポールを足先より少し前に垂直に置きます足の親指の付け根(母指球)、小指の付け根(子指球)、かかとの3点に重心を置いて立ち、歩き始めたら、かかとから爪先へゆっくりローリングさせるのがポイントです①体全体の90%の筋肉を活動させる全身運動なので、通常のウォーキングに比べ運動効果を20%アップさせることができる。②適正な長さのポールを使用することで背筋が伸びて歩幅が広がり、理想的な姿勢を維持することができる。③ポールを持つことで二足歩行から四足歩行となるため、着地、着床時の足(脚)への負担を軽減できる。④ポールを持つことで、転倒抑止に効果がある。⑤有酸素運動、筋力、柔軟性と、三つの要素をバランス良く向上させることができる。歩き始める前にウオーミングアップ。ストレッチ体操も支えがあるので安定してバランス良くできます【体側】ポールを両手で持ち上げ、肩甲骨を動かすように体側をストレッチ靴はノルディック・ウォーク専用の他、ウォーキングシューズでもOKですバッグはリュックタイプで、運動しやすく両手を使えるものがベスト。帽子も忘れずにポールはスポーツ用品店で購入できます。まずはレンタル可能なイベントに参加してみましょう【肩回し】背中を真っすぐに伸ばしたら肩関節を大きく回します。肩や首の凝りの解消にも【大胸筋・背中】ポールを前に立て、両手をグリップ上に置いて背中を真っすぐに伸ばします★各地のイベント情報は、一般社団法人全日本ノルディック・ウォーク連盟のホームページをご参照ください。http://www.nordic-walk.or.jpかかとからゆっくり着地します足を地面に自然に置いたら爪先に重心を移動させ、爪先で蹴り出します背筋を伸ばして顎を引き、正面15~20m先を真っすぐ見て、自然なリズムで足を前に出します。腕を体側に合わせて、ポールは垂直に土踏まずからかかと付近に突きます服装は動きやすいスタイルで、筋肉をサポートするスパッツなどを着用するのがお勧めです