ブックタイトルきずな No.145

ページ
6/16

このページは きずな No.145 の電子ブックに掲載されている6ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

きずな No.145

JAなめがた広報誌『きずな』 2014.4 6今月のあなたの運勢獅子座(7/23~8/22)★全体運★積極性がつきを呼ぶ期間です。やりたかったことにチャレンジを。お花見などのアウトドアレジャーもお勧め★健康運★スポーツを楽しむと、調子が上向くはず ★幸運を呼ぶ食べ物★ソラマメトピックス◆ 茨城県と茨城県内のJAは3月23日(日)東京都日比谷公園で消費宣伝を行いました。当JAでは茨城県オリジナル品種のイチゴ「いばらキッス」の試食販売を行い、茨城の新しい味をPRしました。 この日は、全国のB級グルメなどが集うイベントが行われており、ご当地の味覚を楽しもうと大勢の人で賑わっていました。そんな中、大粒の真っ赤なイチゴを惜しげもなくサービス!糖度と酸味のバランスがバツグンで濃厚な「いばらキッス」は好評でした。いばらキッス消費宣伝233 当JAと行方市は2月14日(金)東京都大田市場でトップセールスを行い、場内の卸売業者などの市場関係者になめがたの青果物を宣伝しました。 この日は春菊やセリ、トマト、レンコンなど20数種の野菜を持参し、取り扱う品目の多さをアピール。試食には紅まさりの焼きいもとイチゴ(とちおとめ)を用意し、味にこだわる産地「なめがた」の更なる知名度アップを図りました。大田市場でトップ自らPR142 当JAは2月21日(金)県庁に橋本知事を訪ね青果物のPRをし、消費拡大の協力を依頼しました。 訪れたのは、JA中川組合長、棚谷専務、営農経済部の千ヶ崎部長、甘藷部会連絡協議会の渋谷会長、白ハト食品工業の永尾代表です。持参した「紅まさり」「紅こがね」を紹介しながら、出来たての焼きいもとサツマイモのスイーツを試食してもらい、品質の良さや商品価値の高さをアピールしました。県庁を表敬訪問212 農産物直売所「楽郷」で第三日曜日の3月16日(日)にイベントが開催されました。この日は新鮮野菜を使った天ぷらをサービス。春菊・玉ねぎ・人参入りのかき揚げ、レンコン、サツマイモの天ぷらを用意し、生産者の皆さんが直接お客様へ手渡ししました。 「色々揃っているから便利で、頻繁に来ます。」という地元の方や「葉物が甘くておいしいです。」という千葉県からいらした方など、たくさんの来客で賑わいました。生産者と直接話せる機会とあって、イベントの日を狙って訪れる人も多いようです。イベントは、地元農産物PRとなるのはもちろん、生産者と消費者の交流、また出荷部会員(生産者)同士の交流の場としての役割を果たしています。人気です! 楽郷のイベント163