ブックタイトルきずな No.145

ページ
8/16

このページは きずな No.145 の電子ブックに掲載されている8ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

きずな No.145

JAなめがた広報誌『きずな』 2014.4 8なめがた女性部総会読者の部屋◆今月のあなたの運勢天秤座(9/23~10/23)★全体運★気まぐれになり、気分がコロコロ変わりそう。あれもこれも……と手を出さず、一つのことに集中すると◎★健康運★良質な睡眠が回復のポイント。工夫して ★幸運を呼ぶ食べ物★フキ JAなめがた女性部は3月8日(土)JA本店で第26回通常総会を行いました。 谷田部長は「福島県に赴いた昨年の研修では、被災しても希望を信じて頑張っていく姿に、生きるということを教えてもらいました。私達も元気に地域と交流しながら、皆で向上し活動していきましょう。」とあいさつしました。 議事の後、成人病撃退推進協会より講師を招き「すこやかに生きるために」と題した健康に関する講演を行いました。また、6つの支部が会場に手芸作品を展示しました。工夫をこらした個性あふれる作品を前に、互いの活動を語り合う姿が見られました。 女性部麻生支部は2月19日(水)と26日(水)つるし飾りづくりを麻生支店で行い、それぞれの日程に15名と9名の部員が参加しました。 部員の渋谷さんを先生に、さるぼぼ、姫だるま、ほおづき、金魚などの人形づくりに挑戦。着なくなった服などを再利用し、針と糸、綿、ボンドだけで作っていきます。たくさん作った人形を繋げていき、一つのつるし飾りに仕上げました。部員の皆さんは教え合いながら和気あいあいと、手慣れてくるともくもくと針を進めていました。完成した作品は女性部通常総会で展示しました。みんなの 夢★ ひ★ ろ★ ば麻生支部:つるし雛手縫いの「つるし飾り」に挑戦大生原支部:コサージュ津澄支部:パウダーアート要支部:メガネケース北浦フレミズ:印鑑ケース・カードケース玉造支部:苔玉