ブックタイトルきずな No.146

ページ
9/16

このページは きずな No.146 の電子ブックに掲載されている9ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

きずな No.146

お便りコーナー9 JAなめがた広報誌『きずな』 2014.6  潮来市と潮来市教育委員会は、5月13日(火)牛堀小学校をメイン会場とし、潮来市内の各小学校で種まき祭りを開催しました。潮来市ブランド米の「潮来あやめちゃん」を使った取組で、市内の小学5 年生約270名が参加しました。子どもたちは、先週からペットボトルに芽だしをした種籾を用意し、それぞれ10粒を丁寧に蒔きました。JAなめがたは、後援として、土・肥料を提供しています。今後は全国バケツイネ選手権に全員参加し、刈り取り、脱穀を体験し、農家と食味値競争をする予定です。★落花生を畑にまいたのに、芽が出ません。カラスにたべられてしまいました。昨年はトウモロコシやスイカが食べられてしまいました。カラスとのたたかいです。 (麻生地区・Aさん・50代)★結婚して初めて桜の花を見に連れて行ってもらいました。きれいだった。 (玉造地区・Yさん・40代)★初孫がこいのぼりを上げています。 (麻生地区・Hさん・60代)★畑仕事 はりきり過ぎて 医者通い (麻生地区・Mさん・80代)★ツバメとスズメが競争して場所取りしているみたいです。 (麻生地区・Yさん・50代)★赤・白・黄色歌のとおりにチューリップが咲きそろいました。毎日夫と眺めています。次はぼたんが楽しみです。 (麻生地区・Uさん・70代)★2歳の孫は、保育園から帰ってくると一通りの事をやらないと家に上がりません。まずトラクター、次に軽トラック、次に乗用車、じいちゃんが運転します。孫の為。 (潮来地区・Iさん・60代)★6人目の孫が歩き始めて散歩するのが楽しみです。  (北浦地区・Yさん・60代)★他県にいる長男が孫二人(7歳・5歳)を連れ、田植えの手伝いに来てくれ、本当に忙しいときなので本当にありがたいです。孫も楽しそうに手伝ってくれました。 (潮来地区・Nさん・60代)★4月になり農作業の方も忙しくなって来ましたが、色々な花が咲き気持ちがなごみます。 (北浦地区・Tさん・60代)★孫が小学校に入学し、朝がんばって早起きしています。  (北浦地区・Oさん・50代)★とても過ごしやすい季節になりました。パンジーがきれいに咲いていますが、草もすぐにのびて大変です。  (玉造地区・とんちゃんさん・40代)★今の時期、子どもと公園で遊ぶのが最高に気持ちいい!! (潮来地区・Kさん・30代)★昨年から股関節痛のため、外仕事はほとんどしていません。夫と母ががんばって畑仕事をやっています(感謝) (潮来地区・Sさん・60代)★内孫が中学生になりました。朝「いってらっしゃい」と送り出すのが楽しみです。 (北浦地区・Tさん・70代)JAなめがたと潮来市大規模稲作研究会は、5月18日(日)潮来市堀之内の水田で、「田植え交流会」を行い、潮来と東京世田谷のライオンズクラブ、日の出小学校の5年生の皆さん合わせて約200名が参加しました。参加者は、裸足で田んぼに入ると、あらかじめ「じょうぎ」と呼ばれる昔ながらの道具で約30㎝幅に付けられた線に沿って、苗を植え付けていきました。汚れもものともせず、子どもたちは元気に田植えを楽しみ、田植え後は、かんしょ「ひめあやか」の苗植え体験もしました。昼食では、潮来あやめちゃんのおにぎり、豚汁が振る舞われ、東京から参加した親子連れは、「今回こちらに来たのは2回目。収穫にもまた参加したい」と話していました。種まき祭り一粒の種籾を何粒に増やせるかな牛堀田植え交流会◆読者の部屋今月のあなたの運勢蠍座(10/24~11/22)★全体運★物事を深刻に受け止めやすいかも。ちょっとした冗談を真に受けないように。リラックスするには足湯が効果的★健康運★食生活が乱れそう。食事を抜くのはNG ★幸運を呼ぶ食べ物★ミョウガ芽の出ている種を見つけています牛堀小5年生のみなさん