ブックタイトルきずな No.148

ページ
7/16

このページは きずな No.148 の電子ブックに掲載されている7ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

きずな No.148

7 JAなめがた広報誌『きずな』 2014.10 今月のあなたの運勢乙女座(8/23~9/22)★全体運★ゆったりできる月。頼まれ事は真っ先に済ませ、その後、プライベートの充実に励んで。ガーデニングも幸運★健康運★小さなけがに注意。慎重に行動すること ★幸運を呼ぶ食べ物★ニンジン◆トピックス 茨城県議会決算特別委員会は、東京スカイツリーふもとの「らぽっぽおいも畑」へ視察に訪れ、飯岡委員長ほか関係者約20名が参加しました。視察では、JAなめがたのスカイツリー畑での取組や、なめがたファーマーズビレッジ構想が説明され、都心で体験できる、JA発信の茨城のPR方法に多くの感心が寄せられました。周年需要に応える!春菊目揃え会●本店大ホール298ソラマチおいも畑茨城県議会議員視察●東京スカイツリー68 毎年お盆前に行っている恒例「かあちゃん市」が開かれ、さつまいも、れんこん、花、トマト、ブルーベリーと、農家のおかあさんが持ち寄ったバラエティ豊かな品が揃えられました。訪れた人は、「花がとにかく新鮮で、安いから毎年来ています」とたくさんの花束を手に笑顔で話していました。20年目に突入!かあちゃん市●ふれあいの家128 JAなめがた春菊部会連絡会は、夏期出荷者向けに春菊統一栽培講習会を開き、部会員約40名が参加しました。担当からは、夏期試験栽培の結果のほか、栽培管理の注意点が説明されました。前もって実施した土壌診断結果について、「人間の体と同じように、自分のほ場の状態を把握して、品質土壌の改善に役立てて欲しい」と呼びかけられました。なめがた食農教室●営農経済センター北浦119 北浦中学校の1年生が農業視察学習に訪れました。これは、総合学習の一環として、ほ場や集荷場の見学を通し、農産物の生産流通を学んでもらおうと行ったもので、生徒は沼里久男さんのハウスを見学した後、営農経済センター北浦で、施設の説明や、農協の役割など、横田営農センター長の説明を受けました。生徒は「一番大変な時期はいつですか」などと質問し、真剣な様子でメモをとっていました。横田所長の説明を熱心に聞き入る北浦中学校生徒