ブックタイトルきずな_No.154

ページ
8/16

このページは きずな_No.154 の電子ブックに掲載されている8ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

きずな_No.154

すぐびとVol. 5成育中の大葉パック詰めした大葉ハウス内の耕うん作業をする一茂さん前中に前の晩の商品パック詰いる方のお家へ配達、回収。午束ね作業の内職をお願いしての流れを伺うと、朝は大葉のを担当します。一茂さんの一日め、品質の管理・チェック、出荷ださいました。茂さんとお父さんは、パック詰続けていきたい。」と話してく研修生と収穫作業にあたり、一き、時代にあった農業経営をつみ取り作業をする研修生ます。お母さんは、パートさん、りあるので、さらに技術を磨分業化して各作業を行っていで父がつちかった基盤がしっか有馬さんのお宅では、完全難しい面もありますが、これま生農活業のは一部冬場の契約収量の確保など、し、どんどん進化しています。とりまく環境は変化している日市場へ出荷されます。や、契約栽培など、日々農業を精込めて作られた野菜は、毎が多いです。今は、GAP活動栽培に取り組んでいます。丹りも、見て、肌身に感じることもに、大葉・ちぢみほうれん草「父からは、教わるというよん、4人の外国人研修生ととさん。現在は、両親、パートさして専業農家に転職した一茂と高今品後質の、目周標年安定出荷切りに、勤めていた会社を退職よ」と笑顔で話します。じていたそうです。25歳を区まっている方がきつくないですいきたい」と、農業を身近に感ときりがないし、やることが決ありまかずしげ有馬一茂さんていったり、「のちのち携わってという問いには、「区切らない北浦地区の頃から手伝いをしに畑につい山あって大変ではないですか?生まれた有馬一茂さんは、子供なしていく一茂さん。作業が沢北浦地区で代々続く農家にの作業にあたる…と次々にこ専会業社農員家かへらぢみほうれん草など他の作物荷作業、午後は消毒作業・ちめと箱詰め、お昼はJAに出JAなめがた広報誌『きずな』2015.108獅子座(7/23~8/22)★全体運★知的好奇心が旺盛になります。やってみたいことがあれば、体験教室を試してみて。発想力アップには読書が◎★健康運★つい食べ過ぎやすい期間。適度な運動を★幸運を呼ぶ食べ物★トウガン