ブックタイトルきずな_No.156

ページ
2/16

このページは きずな_No.156 の電子ブックに掲載されている2ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

きずな_No.156

JAnewsJAニュース試食販売も行いました。スティック、スイートポテトパイのにしたやきいも、スイートポテトを紹介し、当組合の甘藷を原材料に訪れディア、安40社全、、T安V心関高係品者質らのも甘取藷材PRを行いました。当日は現地メ「紅優甘の代表者」、栃17名木が産、梨な「めにがったこ産り」甘の藷農とちぎの会長高橋武氏ら産地代表し、当組合中川組合長や、全プセールスを行いました。産地をいばらき、全農とちぎ共同でトッBIG11月マレ28日ーかシらアに12月て1、J日A、イ全オ農ンマレーシアトップセールスラッピングトラック:首都クアラルンプール内を2年間走りますTV局の取材に応える金田部長は熱心に耳を傾けていました。て管理をしましょう。」と話し、参加者冬なので、特に換気の仕方に注意をし普及センター小林担当は、「今年は暖願いします。」と呼びかけました。また、お客様の信頼に応える品物の出荷をおいお客様が増えています。これからも、「JAなめがた産のちんげん菜が欲しました。横浜丸中青果の担当者からは、正したため、重点的にその確認を行い回、規格の境関係者含め約ー北浦で、目揃え会女性部は、1月目を40名よ会がりを21参日わ開加営かしき農りま、部経やし員済すた、セく。市ン改今場タJAなめがた北浦地区ちんげん菜部女性部目揃え会北浦地区ちんげん菜部会いました。べ物の大切さを感じて欲しい」と話してように作られるのか知ることによって、食思い、この取組を始めました。野菜がどので、「少し手伝えば、できることがあるとたゃ。が部い長もの、渋谷11月さはん甘は藷、おの子収さ穫んをが行通いうま園しの状態に合わせて整備を続け、8月は、じしの種植えに挑戦しました。部員らは、畑作付け、5月は甘藷の苗植え、とうもろこぎ、なす、ミニトマト、きゅうり、かぼちゃのんでいます。昨年は、4月にじゃがいも、ねこども園」の園児らと野菜栽培に取り組て、行方市の幼稚園・保育園の併設「麻生麻生地区青年部は、食育活動の一環とし麻生地区青年部食の大切さ伝えたい!切り口の確認をする参加者じゃがいも収穫のようすJAなめがた広報誌『きずな』2016.22牡羊座(3/21~4/19)★全体運★自分が思った通りに動くことで、運をつかめそう。直感やひらめきを大切に。気力アップには深呼吸が効果的★健康運★運動不足の解消が健康に過ごすポイント★幸運を呼ぶ食べ物★カラシナ