ブックタイトルきずな_No.156

ページ
6/16

このページは きずな_No.156 の電子ブックに掲載されている6ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

きずな_No.156

すぐびとVol. 7奥様の理恵さんと心を込めて箱詰めします洗浄後、乾燥機に入れるようす向も敏感に捉え、挑戦しま試してみるなど、他産地の動出荷する生産者のやり方をり入れます。千葉で良品をー」など、様々な方面から取構成する「チームフューチャ合、若手甘藷栽培後継者で家族で協力して選別・箱詰めの作業ました。のアドバイスや、青年部の会情報収集は、父信行さん積極的に取り入れる。やらない。いいことはやってよくないことは10年前、専業農家に転身し時間を大切にしたい」と、約郎さんでしたが、「家にいる社員として社会に出た信一していたそうです。一度は会ト感覚で家業のお手伝いをなく、10代後半にもアルバイ近に感じ、子供のころだけで見て育ちました。農業を身取り組む父や、祖父の姿を頃から野菜や、たばこ作りに麻生地区しぶやしんいちろう渋谷信一郎さんを営む家に生まれ、子供のす。信一郎さんは、代々農家に取り組む渋谷信一郎さんでともに甘藷、米、馬鈴薯栽培今回の主人公は、家族とした。ね」と笑顔で話して下さいま産の芋だったら嬉しいですけて欲しい。それがなめがたので、自分の好みの芋を見つい。今は品種も多くでているつ、規模の拡大をしていきたは、品質を維持、向上させつの作業をしています。「今後ルで、年間通して主力の甘藷る、洗う、出荷するのサイク現在は、掘る、貯蔵・熟成す貯蔵施設の充実により、年間通した作業考えています。とが大切だ。と信一郎さんはこだわらず、聞く耳を持つこに取り組むか、既成の概念にる。面倒くさい作業にもいかの地に合わせてチャレンジす進的な取組があれば、行方す。全国どこであろうと、先理由が分かった。と話しま品質な物が生産できるその取り組んでみる。通常より高作業を、倍の時間を掛けて起でも、通常1時間で行うす。例えば、トラクターの耕JAなめがた広報誌『きずな』2016.26獅子座(7/23~8/22)★全体運★優柔不断になりやすい月。決められないときは頼れる人に助言をもらい、参考にして。やる気回復には音楽鑑賞を★健康運★胃腸ケアが大事。消化の良い物を食べて★幸運を呼ぶ食べ物★のり