ブックタイトルきずな_No.156

ページ
8/16

このページは きずな_No.156 の電子ブックに掲載されている8ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

きずな_No.156

8JAなめがた広報誌『きずな』2016.2★全体運★レジャー運が華やぐ兆し。気の合う仲間とにぎやかに過ごして。共通の趣味や楽しみを持つ人たちとの交流も大吉★健康運★乾燥防止やうがいに努め、喉をいたわって★幸運を呼ぶ食べ物★おから天秤座(9/23~10/23)ドクターレポートDoctorReport土浦協同病院救急集中治療科関谷芳明聞き手‥昨今、若い方を含め、目の前で突然倒れて心肺停止状態となってしまった、などということをニュースなどでよく耳にします。もし、自分の大切な人が、突然目の前で倒れたら何をどうしたらいいですか?関谷‥最近はよくテレビなどでも報道されますが、「突然の心肺停止」は決してあり得ないことではありません。若くて元気なスポーツ選手がグラウンド上で突然心肺停止となることもあります。そのようなとき、まずできること、それは「落ち着くこと」です。これは当たり前のようですが、実は最も難しく、最も重要なことです。聞き手‥落ち着いて、どのような行動をすればよいでしょう。関谷‥まず、周囲の安全確認をした上で、患者さんの反応を確認してください。方法は何でも構いません。耳元で大声をかけてもいいですし、肩を叩いて呼びかけてみてもいいと思います。これで返事がない場合、大声を出して周囲に助けを求めます。「誰か、すぐに来てください!」「誰か、救急車を呼んでください!」などと叫びます。もし周りに誰も見当たらないようであれば、携帯電話で119番通報をして救急車を呼ぶのがよいでしょう。あとでご説明しますが、AEDの手配も同時にできれば完璧です。聞き手‥次に何をしますか?関谷‥呼吸と脈拍を確認します。呼吸を確認する、というのはつまり、息をしているかどうかを確認するということです。胸やおなかが動いていることによって確認します。また、自分の耳を患者さんの口元に近づけて吐息を感じてみてもいいかもしれません。脈拍は、自分の指を患者さんの頸動脈に優しく当てることによって確認します。呼吸と脈拍が両方ともある場合は、心肺停止状態ではないということですから、そのまま注意深く観察を続けながら救急車を待つことになります。聞き手‥呼吸と脈拍がない場合はどうしたらよいですか?関谷‥これは即座に蘇生処置を開始する必要があります。循環、つまり心臓が止まってから時間が経てば経つほど、蘇生率は悪くなりますし、蘇生できた場合の神経学的な予後も悪くなります。「秒」の単位で状態は悪化していきます。何よりも早く循環を再開させる、つまり「心臓マッサージ」を行うことが大切なのです。「心臓マッサージ」と「人工呼吸」が蘇生のカギです。聞き手‥心臓マッサージはどのようにすればよいですか?関谷‥私たちのような救急医療に携わるものは心臓マッサージのことを「胸骨圧迫」と言っています。胸骨とは胸の骨で、文字通り、胸を圧迫することにより、その下にある心臓をマッサージし、全身に血液を循環させるポンプの代わりをします。みぞおちの少し上、胸骨という骨の下半分をリズム良く圧迫します。テレビドラマなどでもよく演じられていますが、実際の心臓マッサージはドラマの比にならないくらい激しいです。深さは5?6センチ、1分間に100?120回のペースで圧迫を続けます。2分も続ければ汗をかいてきますし、腕に疲れを感じてきます。翌日の筋肉痛は必至です。しかし、蘇生を成功させるには、現在の医療ではまずはこれ以外にあり得ません。聞き手‥人工呼吸はどのようにすればよいですか?関谷‥患者さんの鼻をつまみ、マウスtoマウスで空気を患者さんに送り込みます。1秒かけて吹き込むようなイメージ行います。マウスtoマウスに抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、想像してみてください。あなたの愛する人が目の前で倒れたら・。そこでいわゆる「愛情」が試されるのだと思います。というのは冗談です。愛する人であれば問題はないかと思いますが、そうでない場合に抵抗があることは事実です。私自身、路上で心肺停止の患者さんに遭遇した経験がありますが、お恥ずかしながら抵抗を感じたことを覚えています。実際には、人工呼吸を行わなくても心臓マッサージさえしていればいいという報告もありますので、どうしてもムリ!という方は、心臓マッサージだけでも行うようにしてください。現在は、そのためのマウスシールドなども市販されています。聞き手‥心臓マッサージと人工呼吸はどのように組み合わせて行えばよいでしょうか。関谷‥心臓マッサージを30回したあとで、人工呼吸を2回行うのが最も効率的といわれています。先ほども申し上げましたが、心臓マッサージは非常に「疲れる」行為です。2分ごとに交代するべきだといわれています。疲れたら遠慮なく交代することにより蘇生処置の効率を維持できますので、複数人いる場合には交代で心臓マッサージを行ってください。聞き手‥その他に何かできることはありますか?関谷‥「AED」という器械をご存知でしょうか。自動体外式除細動器、のことです。テレビドラマなどでよく、心肺停止の患者さんにドン!と「電気ショック」をかけているのを見たことがあると思います。電気ショックは、本来、医師が行う治療なのですが、これを一般の方でもできるような仕組みにしたものがAEDです。私たち医師は、患者さんの心電図を見て電気ショックの適応を決めますが、AEDでは、これを全て器械が行ってくれます。スイッチを入れさえすれば、あとは器械がしゃべりだしますので、その指示に従うだけです。これにより救われた報告は非常に多く、今日の医療では心肺蘇生の重要な役割を担っています。ショッピングモールや大型量販店などでも、消火器と同じような形で設置されている店舗が多いので、日常から意識してみるとよいと思います。聞き手‥心臓マッサージをすることや人工呼吸をすることなどは、それ自体が非常に勇気のいることだと思いますが、しなかった場合と比べてどのくらい違うものなのでしょうか。関谷‥昨年度の報告によりますと、一般市民により心肺蘇生が行われた場合に命が助かる確率は、行われなかった場合の約2倍という統計が出ています。AEDに至っては、一般市民によりAEDが使用された場合、蘇生行為がされなかった場合に比べ、もとの生活に戻ることができる可能性が約9倍も高くなるという結果が出ています。聞き手‥その場に立ち会わせた方の最初の行動が、非常に重要であるということがわかりますね。関谷‥今の日本では、119番に電話をかけてから、患者さんのもとに救急車が到着するまでの時間は、全国平均で約8.5分です。その10分にも満たない時間で、患者さんの生きるか死ぬかが分かれる、つまり、その場にいる「あなた」にしかできない蘇生処置によって運命が変わるといっても過言ではありません。昨年度、消防が行う応急手当講習を受講した方は144万人を越えました。これは年々増加していますし、消防の開催以外でもこのようなことを学ぶ機会はたくさんあります。現在、心肺停止患者の約40%に立ち会った方による蘇生処置が行われています。今後、市民の方が蘇生行為などのことを少しでも意識することにより、これが増加してくることを期待したいと思います。もし、愛する人が目の前で倒れたら…