ブックタイトルきずな_No.157

ページ
8/16

このページは きずな_No.157 の電子ブックに掲載されている8ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

きずな_No.157

を継ぐ選択をしました。現在考えて、昨年1月地元で農家れて夢があるのではないかとりが目に見えて収入にかえらし、農業の方が自分のがんば齢の両親のことも気に掛かるなかいともひこ●北浦地区仲居友彦さんべてのようになっていること、高する中で、人からの評価が自分の価値のす業などに勤めていました。20年会社勤めをそうです。学校卒業後は東京で外資系企あり、家業は「兄が継ぐかな」と思っていたのお手伝いはするものの、次男ということも彦さんは、子供のころは、段ボール折りなど祖父の代から農業を営む家に生まれた友みず菜、わさび菜を中心に栽培しています。母富子さん、2人の中国人研修生とともに、北浦地区の仲居友彦さんは、父文夫さん、すぐびとVol. 8高品質のものが収穫できたりしたときは、やっぱり嬉しいです。通勤農業2年目1た(笑)。今は平気ですが、土をさわることに「初めの頃は、まず体が痛いのがありまし農業のやりがいる結果を出すことを第一に考えています。ために、考えるよりも動くこと、相手の求めれない状態よりも、そのとき最善を尽くすない場合がある。多くの要望に手をつけら要望を満たす準備をするのは、時間が許さ大切さを感じてきたそうです。100%のる友彦さん。お客様の要望にすぐに応じるから、すぐに行動をとること」を心掛けてい営業の仕事をしていた時から「50点でい行動をとるという、通勤農業スタイルをとっています。のお子さんが住む埼玉県和光市で過ごすは、平日は農業に従事し、土日は奥様、2人32下さいました。して行きたいです。と今後の展望を話してらの技術を引き継ぎつつ、高品質な生産をたいと考える様になりました。今後は父か費する人にも生産者へ興味を持ってもらいかったけれど、生産する立場になってみて、消だわりが沢山詰まっていることに、気付かなる農産物に、見えていない生産者の努力やこ一消費者だったときは、スーパーに並んでい消費者に伝えたいことり嬉しいです。」と笑顔で話す友彦さん。質のものが収穫できたりしたときは、やっぱあるのが意外でした。手をかけた分、高品く時期や、管理、防除と、頭脳労働が結構感じます。体を動かすだけでなく、種を蒔動しないといけないのが責任と、やりがいをがやるだろう」が無いので、自分が考えて行も抵抗を感じていましたね。農業は、「誰か41わさび菜の収穫2成育中のわさび菜3収穫期のみず菜4収穫作業中の研修生5ハウス内の耕うん作業5天秤座(9/23~10/23)★全体運★優柔不断になりやすいのが玉にきず。迷ったときは一人で悩まず、周囲に相談を。気力回復には音楽鑑賞が有効★健康運★ストレッチやヨガで体をほぐせば安泰★幸運を呼ぶ食べ物★タケノコ[Kizuna]8