ブックタイトルきずな_No.158

ページ
8/16

このページは きずな_No.158 の電子ブックに掲載されている8ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

きずな_No.158

決めたそうです。農業を一帰って農業をすることをを機に仕事を辞め地元にへ行く話が出ており、これザイン関係の仕事で、中国うどそのとき勤めていたデたかさきゆうたろう●麻生地区高崎雄太郎さんは今しかないぞ。」と言う言葉を受け、ちょめの頃、祖父から、「農業を教えてやれるの高崎さんがまだ東京で働いていた20代初営し、祖父母が農業をしていたそうです。ます。高崎さんの家は、父母が飲食店を経の実家近くのハウスに通って農業をしていんと鹿嶋に住んでいて、毎日鹿嶋から麻生している農家です。現在、高崎さんは奥さ農14年目のきゅうり麻生地区の高崎雄太郎さん(、トマト、春菊を35)栽は、培就すぐびとVol. 9これからも日々勉強を重ね、おいしい作物作りに力を入れていきたい。ひとり農業スタイル1仲間と共に、納豆菌の一種であるバチルス菌話してくれました。高崎さんは、同じ農家ていることを聞いてみると、「土作り!」と今出荷しているきゅうり作りでこだわっ土にこだわりを頼ることはせず、自分で作業するそうです。大変ですが、それでも家族にはできるだけた。その反面、体調が良くないときなどはとして表われるのが良いと話してくれましこと、自分が頑張れば頑張った分だけ成果遣うことなく自分のペースで仕事ができる農業は勤めていたころとは違い、人に気をですべてを取り仕切っています。1人での高崎さん1人で作付計画から農業経営ま緒に作業をしていましたが、今は引退し、から教えてくれた祖父は、2年程前まで一した。戦してみたい。」と意欲的に話してくれまきたい。余裕ができたら新しい作物にも挑を重ね、おいしい作物作りに力を入れていてくれました。また、「これからも日々勉強で一緒に農業をやることが夢であると話しみたいという声も多く、仲の良い友達同士勤めをしている友達からは、農業をやって友達とお酒を飲むことだそうです。会社高崎さんの趣味は、最近始めたゴルフと夢は友達と一緒に農業くなったそうです。うりの成りが良くなり、また病気にも強しているとのこと。土を変えてからは、きゅし、その肥料を使った土できゅうりを栽培や米ぬかなどを混ぜた特別な肥料を導入21作業するハウス2きゅうりの収穫3葉落とし作業4収穫期のきゅうり43天秤座(9/23~10/23)★全体運★行動力がアップする時期。過去に駄目だったことへの再トライも成功率は高め。海外に興味を持つのもラッキー★健康運★食生活の見直しを。栄養バランスが大事★幸運を呼ぶ食べ物★トマト[Kizuna]8