ブックタイトルJAなめがた広報誌 きずな No.163

ページ
5/16

このページは JAなめがた広報誌 きずな No.163 の電子ブックに掲載されている5ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

JAなめがた広報誌 きずな No.163

児童に呼びかけました。表彰する棚谷組合長(左)力を入れて下さい」とこれからも創作活動にれました。自信を持ってなさんの努力が認めらJAバンク茨城記念品を贈りました。川?校長は「み谷組合長が川?政利校長に賞状、楯、ばれました。全校生徒の前で、JA棚詩の創作活動で北浦小学校表彰みが高く評価され「学校奨励賞」に選の「詩」への創作活動に対する取り組ている作詞コンクールで、北浦小学校とみんなの詩「ひばり」の会が実施し表彰式を行いました。JAバンク茨城学校作詞コンクール学校奨励賞」のに「平成28年度JAバンク茨城小・中行方市立北浦小学校で、3月2日にフルーツトマト「恋のつぼみ」を贈呈しました。日の出SSSチーム合長が、農産物贈呈セレモニーで、Jリーグ選手しくも準優勝となりました。また、JA棚谷組SSSは、熱戦を繰り広げましたが、1対3で惜レ)」の前座試合として対戦しました。日の出ホーリーホックホーム開幕戦(VS湘南ベルマー水戸SSSが、当日行われた「J2リーグ・水戸で勝ち抜いた、日の出SSSとトーナメント(2月5日開催)アム水戸で行われました。決勝2月26日にケーズデンキスタジプ少年サッカー大会決勝戦」が、「第12回JAバンク茨城カッJAバンク茨城サ準ッ優カ勝ー県日大の出会SSS青年部麻生こども園大きなじゃがいもになぁれ保育園児が挑戦3/22植え方の説明をする青年部員す」と話してくれました。があってこそできることで思います。地域の方の協力大切さを学んでもらえたとくらしの活動の育ち方や管理することのました。内堀園長は「いちごらに感じてもらおうと行い自分で育てたいちごを味わっていちごを食べる喜びを園児自分たちで苗を育て、実ったむ「くらしの活動」の一環で、はJAが昨年度から取り組ごの苗を贈りました。これ稚園に、園児55名分のいち1月24日に行方市立玉造幼営農経済センター玉造は、3/23じゃがいもを植える園児認定こども園のぞみ玉造幼稚園の園児5[Kizuna]蟹座(6/22~7/22)★全体運★すんなり人脈を広げていける気配。初対面の相手でも気さくに話し掛けてみて。講演会などへの参加も好刺激に★健康運★食生活のリズムが崩れ気味。自重が大事★幸運を呼ぶ食べ物★ソラマメ