ブックタイトルJAなめがた広報誌 きずな No.164

ページ
3/16

このページは JAなめがた広報誌 きずな No.164 の電子ブックに掲載されている3ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

JAなめがた広報誌 きずな No.164

JAnewsジェイエイニュース開催日5/2ました。生産物の魅力をPRし特産品PR県庁訪問紹介し、JAなめがたレットの食べ方や効能をえる葉しょうが、エシャ含め、出荷最盛期を迎業賞大賞の受賞報告を藷部会連絡会の日本農PRをしました。JAなめがた甘しょうが、エシャレットの贈呈および係各課を訪れ、旬の葉しょうぶ、葉5月2日県庁の橋本昌県知事や関合長、関川常務ほか関係者10名は行方市鈴木周也市長と棚谷組知事室にて行方市正木教育長へ潮来市横田教育長へ開催日農業と食の大切さを伝えたい小学校食農教材贈呈5/8を贈呈しました。両市合わせて730冊教育委員会を訪問し、8日行方市、潮来市のます。当JAでは、5月国の小学校へ配布してい作成しており、毎年全わたしたちのくらし」を5年生むけの「農業とる補助教材として小学は、農業への理解を深めJAバンクグループで開催日4/28麻生こども園苗植え会いをかけました。に!」と全員でおまじなたくさん美味しくなりますよう植えていきました。最後に「今年も明し、子供たちは真剣な様子で苗を生地区青年部部員6名が丁寧に説らまめの種まき会を行いました。麻苗植えと、とうもろこし・かぼちゃ・そ麻生こども園で、4月28日甘藷の青年部員から紅まさりの植え方を聞く園児たちおいしいいちごに大満足!を行っています。らいたいと3年前からこの取り組みとおして、農業への興味を深めてもさが特徴の品種。同部会では体験をナルの育成品種で、甘みとジューシー「いばらキッス」は、茨城県オリジいました。まで思う存分いちご狩りを楽しんでと次々に口にしながら、時間いっぱい受けると、ハウスに入り、「おいしい」玉造幼稚園いちご狩り体験ちごの摘み方の説明をー玉造の山口所長にいたちは、営農経済センタりを行いました。園児44名を招き、いちご狩は、玉造幼稚園の園児開催日5/22がたと玉造いちご部会動の一環としてJAなめ5月22日くらしの活3[Kizuna]牡牛座(4/20~5/20)★全体運★趣味や習い事を楽しむと、新たな発見や驚きがあるかも。おいしいお茶や料理を堪能するのにも向いています★健康運★耳寄りな情報を入手。体調改善が可能に★幸運を呼ぶ食べ物★マダコ