ブックタイトルJAなめがた広報誌 きずな No.164

ページ
6/16

このページは JAなめがた広報誌 きずな No.164 の電子ブックに掲載されている6ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

JAなめがた広報誌 きずな No.164

栽培をしてい型部会です。辰徳さんはその中で支部昔からごぼうけ、平均年齢65歳108名からなる大よい同級生が、部会は、昭和63年県銘柄産地指定を受かけは、「仲のJAなめがた玉造地区のエシャレットうになったきっ農業をするよはらだたつのり●玉造地区原田辰徳さん周りのみなさんが本当に親身になって1から教えてくれるのでとてもありがたいお嫁さん募集中です!(母)会社勤めをしていた辰徳さんが、専業って以降農家はしていなかったそうです。をしていましたが、10年ほど前に亡くなしています。徳さんの家では、おじいちゃんが米農家品質も向上し、少しずつ面積の拡大も方とともに作業に取り組んでいます。辰た。」親身なサポートを受けて、作ごとに家ではお母さん、農家を手伝ってくれるりで、やるならこれだ!と思い選びまし4人家族。就業4年目の専業農家です。が本当にエシャレットをしている人ばか父さん、お母さん、ですか?と言う質問には、「家のまわり培に取り組む原田辰徳さん(95歳のおばあちゃ33)は、おんの農にあたり、なぜエシャレットを選んだの玉造地区でエシャレット、ほうれん草栽みたくなったから」だそうです。新規就農業に興味がわいてきて、自分もやって伝統野菜に挑戦家の前でする一連の作業を見ていたら、て、彼と農業について話をしたり、自分の1すぐびとVol. 13後の展望を話してくださいました。新しいことにも挑戦していきたい。」と今をしっかりやって、出来るようになったら、を受けながら、今後は、今していることらいに農家を始めた人とお互いに刺激張れるのが面白い。近所の人や、同じくあるけれど、そこをうまくいくように頑えていたようにはうまくいかないこともの栽培にも取り組みはじめました。「考は、エシャレットのほか、好きなほうれん草らって交流する機会が増えたこと。最近作物はちがうけれど、集まりに呼んでもような近所の人と話すようになったり、って変わったことは、話をしたこともないけているそうです。農家をするようになアドバイスを受けたり多くの刺激を受圃場を見せてもらったり、役員の方から役員を務めています。部会では他の方の21成育中のエシャレット2エシャレット担当者と営農相談3畑の手入れ4箱詰め作業43獅子座(7/23~8/22)★全体運★知的好奇心を大切にしたい時期。興味を引かれることがあれば、チャレンジしてみて。読書を満喫するのも正解★健康運★食事内容に気を配って。薬膳にも注目を★幸運を呼ぶ食べ物★ラッキョウ[Kizuna]6