ブックタイトルJAなめがた広報誌 きずな No.164

ページ
9/16

このページは JAなめがた広報誌 きずな No.164 の電子ブックに掲載されている9ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

JAなめがた広報誌 きずな No.164

肥料・農薬・資材の問い合わせ先段ボール箱のデザインが新しくなります!農産物出荷用段ボール箱の統一デザインを18年振りに変更することになりました。切り替えは、平成29年産より順次進めていきますので、ご理解ご協力をお願いします。ら、太い芽1本だけを伸ば芽が勢い良く伸びだした破り芽を上にのぞかせます。めたら遅れずにフィルムを高温好みで乾燥を嫌う、サトイモ作りのポイントマルチの下で、芽が伸び始の上昇を図ります。畝上にポリマルチをし、地温は7?8cm。植え付けたらは十分地温が上がってか高温性で生育適温はら、25?植え30度付、け植のえ深付さけ良いでしょう。例年乾きが激しい畑には作付けしない方が選んで栽培しましょう。心掛けましょう。少なくとも3?4年作ったことのない場所を乾き過ぎるようでしたら灌水(かんすい)をサトイモは連作障害が出やすい野菜なので、夏の乾燥には弱いです。降雨が少なく、土が板木技術士事務所●板木利隆なども用います。サトイモは日照り不作といわれるほどに、も」や親子兼用の「八つ頭」、葉柄用の「蓮芋」芋の障害の原因になるので注意します。を選びますが、好みによって親芋用の「京い温と乾燥のために芽つぶれやひび割れなど、子通常は子芋用の「土垂」や「石川早生」などます。あまり遅くまでマルチをしておくと高葉柄用があります。ください。第3回はマルチを除去して作業し子芋用と親芋を食べる親芋用、葉柄を食べるすが、葉が茂り過ぎなら肥料は控えめにしてに付くサトイモには、通常子芋、孫芋を食べる回の土寄せの前にも第1回同様に追肥しま親芋が中心にあり、子芋、孫芋がその周り?3週間置きに3回ほど行います。第2、3活習慣病が気になる人にもお薦めです。います。土寄せの厚さは4?5cm程度にし、2富に含まれ、意外に低カロリー。体脂肪や生マルチフィルムは片寄せして作業し、再び覆か)し消化吸収しやすくなり、カリウムが豊せながら株元に土寄せをします。主成分はでんぷん質。加熱すると糊化(こ大さじ2が目安)をばらまいて、土と混ぜ合われる野菜の大先輩です。肥料(1株当たり油かす大さじ3、化成肥料て渡来、稲作以前は日本の主食であったとさ本葉が5?6枚になった頃、畝の通路側に半島付近の熱帯の多湿地。日本には中国を経良い方法です。ることからサトイモの名があり。原産はマレー寄せ前なら芽を倒して土で埋めてしまうのも山で採れる山芋に対し、人の住む里にできし、小さな芽は早いうちにかき取ります。土社会保険労務士によるJA年金無料相談会開催時間9:00~15:006月11日[日]6月18日[日]7月15日[土]7月16日[日]〈会場〉潮来支店〈お問い合わせ〉? 0299-63-1234〈会場〉玉造支店〈お問い合わせ〉? 0299-55-0010〈会場〉北浦支店〈お問い合わせ〉? 0291-35-2211〈会場〉麻生支店〈お問い合わせ〉? 0299-72-0068●事前に予約していただけると、当日スムーズにご案内できます。9[Kizuna]蠍座(10/24~11/22)★全体運★親切にされても裏があるように感じてしまう暗示。考え過ぎないで。いつも笑顔を心掛けると運が巡ってきます★健康運★スポーツに励んでみて。上達が早いはず★幸運を呼ぶ食べ物★メロン