ブックタイトルJAなめがた広報誌 きずな No.165

ページ
4/16

このページは JAなめがた広報誌 きずな No.165 の電子ブックに掲載されている4ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

JAなめがた広報誌 きずな No.165

KIZUNAtopicsトピックスなめがたの土を使ったオカリナの響きに包まれる会場オカリナアートJOY野口・矢野講師と頂きました。らは「もう少し聞いていたかった」「心地よい音色だね」などという声を合わせて作られた特注品。月夜の浜辺を思わせる美しい響きに、会場かの甘藷畑の土を使い作られたもので、演奏者ひとりひとりの指の位置にたオカリナによる演奏「浜千鳥」を披露しました。このオカリナは、部員含め41名が参加しました。部員は3月から毎週講師を招き、練習を重ね組織リーダー・事務局合同研修会を開催し、JAなめがたからは関係者茨城県JA女性組織協議会は、6月16日土浦市民会館で県JA女性女性部県女性組織リーダー・事務局合同研修会フレッシュミズ北浦地区フレッシュミズの会寄せ植え教室5月19日北浦支店で、清水友子先生を招き、寄せ植え教室を行いました。約2年ぶりの開催でしたが、先生のアドバイスを受けながら参加者は手早く作品を完成させました。のホウ酸団子を手づくりしました。よく効くと評判のレシピで、害虫駆除用6月9日津澄支部では、15名の参加者が女性部ホ女ウ性酸部団で子害虫づ駆く除り用夏本番!きでした。合は全日完売の売れ行4回目。用意した山百女性部が出店するのは今年で販売しました。女性部ふるさと山百合祭りに出店た手作りの手芸品を活動を通じて制作しか、地場野菜、女性部育てた山百合の苗のほ参加しました。部員がるさと山百合祭りに間、行方市は、7月西15日蓮か寺らで三ふ日JAなめがた女性部双子座(5/21~6/21)★全体運★ささいなことでイライラしやすい時期です。笑顔を心掛けて。趣味などで1人の時間を楽しむと良い気分転換に★健康運★ちょっとしたけがに注意。冷静な行動を★幸運を呼ぶ食べ物★オクラ[Kizuna]4