ブックタイトルJAなめがた広報誌 きずな No.165

ページ
5/16

このページは JAなめがた広報誌 きずな No.165 の電子ブックに掲載されている5ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

JAなめがた広報誌 きずな No.165

7種類の稲でアートが出現!などが描かれています。ァーマーズヴィレッジのロゴマークラーズのエンブレムと、なめがたフふれあい・まなび約150た7種類の稲を使い、幅約mの田んぼに、鹿島ア70ンm奥ト行田んぼが大きなキャンバスに!です。牛堀育苗センターで育成しッジと共に手植えで制作したものターとなめがたファーマーズヴィレ島アントラーズのスタッフ、サポーな絵を描いたもので、5月27日鹿見立て、色の異なる稲を使って巨大アートとは、田んぼをキャンバスにが見ごろを迎えています。田んぼ行方市白浜地区の田んぼアートしていました。トマトを受けとる石田さん今後も続けていきたいです」と笑顔で話石田さんは、「喜んでもらえる活動なので、し、声掛け運動を行っています。女性部の単身世帯へ季節の野菜、お米などを配布は、地区ごとに分かれて、2ヵ月1回約60う」と笑顔で受け取りました。女性部で渡しました。やいさんは「いつもありがとやいさんを訪れ、採れたてのトマトを手部の石田ます江さんは、玉造地区の石田6月12日、JAなめがた現原地区女性女性部女お性げ部ん訪き問ですか毎年盛況のなめがたブースしめ部なきま第る行まな員どゅし鹿地6しう37青年部がは採た回行区月たら、れり。鹿地の7。、訪、な行区各青いな安日れたちめ地J青心水たてんが年かた区A年めがた・野戸安消げブ農青部ん協部が菜全費ー業年で菜同者Pでな15スP連構品、病野とじでR盟成Rす目院野菜交ゃは市協さを前市かを流がトを議菜れ販でPをいマ行会て売、R深もトいがい鹿。、、!単月購読ご希望の方は、お近くのJA窓口までお申込み下さい。切さ」をテーマにした家の光協会が発行する小学生向け雑誌です。定期購読、各100冊贈呈しました。「ちゃぐりん」は、「いのち、自然、食べ物、農業の大ゃぐりん」を寄贈しています。行方、潮来両市の教育委員会を訪れ8月号をJAなめがたは、夏の学習に役立ててもらおうと、毎年管内の小学校へ「ちふれあい・まなびちゃぐりん贈呈潮来市横田教育長(右)へ行方市正木教育長へ5[Kizuna]蟹座(6/22~7/22)★全体運★人との交流から幸運が。人間関係を広げるべく行動してみて。付き合ったことのないタイプとも親しくなれそう★健康運★暴飲暴食になりやすいかも。自己節制を★幸運を呼ぶ食べ物★スダチ