ブックタイトルJAなめがた広報誌 きずな No.165

ページ
9/16

このページは JAなめがた広報誌 きずな No.165 の電子ブックに掲載されている9ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

JAなめがた広報誌 きずな No.165

肥料・農薬・資材の問い合わせ先サラダがおすすめです営農経済センター北浦香菜担当根本憲治あなたも今日からパクチスト!cm、くわ幅の溝に、50きの前に、条間耕面し20cmにての深まおきさき、に、種よまく15?茎が球形に膨らみ、見ても楽しいコールラビ石灰と堆肥を全畑は前もっての秋まきです。らいまでの夏まきと、9月上旬から10月上旬ぐらいは十分持ちます。種まきの適期は6月中旬から8月初旬ぐは新聞紙あるので、栽培しやすい野菜といえます。ので、1?に包1.5cmんはで切冷り暗除所いにて置くけだばさい4。?収5穫日物み、キャベツよりす。生育適温は、15?も高温や20度低、温冷に涼耐なえ気る候力をが好球。の下部、根元付近は堅くて食べられない板木技術士事務所●板木利隆防し、免疫力を高め、美肌効果も期待できまう堅くなるので、取り遅れないようにしましょの3?4倍、カリウムも豊富で、高血圧を予逐次行います。大きくなり過ぎると肉質がジしてみると良いでしょう。ビタミンCはカブ収穫は球径が5?6cmに肥大した頃から揚げなどと合わせて煮物にしたりと、アレン3cm残して切り取り、球の肥大を促します。し、サラダやあえ物、クリーム煮にしたり、油から横に向かって伸びている葉の葉柄を2?もあります。皮をむいて4?5mmの薄切りにあり、癖がなく、歯応えが良く、適度な甘味う球。が4?5cmに肥大した頃、図のように球味。はブロッコリーの茎の部分に似て、こくが形に膨らむ様子を見てす分からず、和食に合わなかったためのようで上げ、プランターに株間楽し15?むの17cmも植良えいとでしし、ょ球間引き1株を残し、本葉4?5枚の苗に仕すが、あまり知られていなかったのは食べ方が3号ポリ鉢に4?5粒まき、育つにつれて日本に渡来したのは明治初期と古いのでわれます。3を回、化15?成17cm肥ぐらいにします料を追肥しまし。ょ生う育。の途中2?ワーに似ていますが、キャベツの原始型ともい発芽したら育つにつれて間引き、最終株間とも。地中海沿岸地方の原産、葉はカリフラして、種子を2?3cm間隔にまき付けます。ルラビ。別名を球形カンラン(甘藍=キャベツ)たり、それぞれ大さじ3杯を施し、軽く覆土茎の基部がカブのように球形に膨らむコー元肥として油かす、化成肥料を1平方m当社会保険労務士によるJA年金無料相談会9月10日[日]〈開催時間〉9:00~15:00〈会場〉玉造支店〈お問い合わせ〉? 0299-55-0010休日8月27日[日]〈会場〉潮来支店〈お問い合わせ〉? 0299-63-1234〈開催時間〉9:00~15:0010月22日[日]〈会場〉玉造支店〈お問い合わせ〉? 0299-55-00109[Kizuna]蠍座(10/24~11/22)★全体運★ちょっとした変化でつきを呼び込める気配。いつもとは違うことを意識してみて。部屋の模様替えも良い刺激に★健康運★血行促進が健康の鍵。運動を楽しんで★幸運を呼ぶ食べ物★ゴーヤー