ブックタイトルJAなめがた広報誌 きずな No.166

ページ
2/16

このページは JAなめがた広報誌 きずな No.166 の電子ブックに掲載されている2ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

JAなめがた広報誌 きずな No.166

JAなめかたの主なできごとをクローズアップ10ジェイエイニュースJAnews等級検査のようす格付けされました。した「特別栽培米」で、全量が一等に以下、化学肥料を袋は慣行栽培に比べて農薬を50%以下で栽培50%この日集まった438全量一等スタート一番星初検査もちとした食感が特徴。厚みのある大粒でもちで、粘り気がやや強く、した県オリジナル品種一番星は、茨城県が開発前倉庫にて行いました。の8月8日旧牛堀支店開催日8/8等級検査を県内トップ「一番星」コシヒカリの開催日7/26お問い合わせください。お近くのJAメイトまでがでしょうか。詳しくはイノシシ害へ警戒!鳥獣害対策実演柵の検討をされてはいかの今後の防衛策に、電気学習能力の高いイノシシと口々に言い合いました。い。二度とやりたくない」衝撃を受け、「痛いし、怖途端、全員が「うわっ」とが素手でコードにふれた人が、地面に手を付き、もう片端の人用。参加者全員で手をつなぎ、片端のに巻きつけますが、今回は、木の柵を利いました。コードは本来絶縁体のポールどのくらいの衝撃があるのか実験も行れるしかけで、集まった担当者たちは、コードが鼻先に触れたとき、電流が流シシが鼻先で見知らぬ物を確認する際、どらの7講10名月習をを対26日行象ふいれまにあし電気いた柵の。電の家気設で柵、置担は方当、イ法職ノな員電気柵の衝撃を確認する参加者規格を確認しあう部会員ありました。ールしていこう」と激励のあいさつがのを出荷し、全力で強い産地をアピ重要な時。出始めから最高品質のも今が、本年産の印象・相場を決める当課長も参加し、「新物の出始めのけられました。指定市場5社から担対応が必要な旨が担当より、呼びか画があるため、GAPの国際化にも今年はじめてカナダへ向けた輸出計見据えた堆肥による土づくり、またの出荷時期の変更、5年・10年先を甘、紅まさり、紅こがねの品種リレー開催日新たな挑戦へ!甘藷統一目揃え会8/17されました。一つは、紅優する今後の方針が提案へ新しいことへチャレンジとなった今回は、部会員賞後、初の統一目揃え会た。日本農業賞大賞受一目揃え会を行いまし店大ホールにて、甘藷統会連絡会は8月17日本JAなめがた甘藷部開催日8/23した。熱心に聞き入っていまちぢみほうれん草栽培講習会に説明され、参加者は適な日などが具体的トとなる播種日の最るため、最大のポイン味・あま味を凝縮させた。また寒じめでうま方法が配布されまし結果に合わせた施肥の土壌検査を実施し、それぞれの種を前に、あらかじめ部会員全員で、栽培講習会を連絡会は8月23開日き本ま店し大たホ。ー播ルJAなめがたほうれん草部会牡羊座(3/21~4/19)★全体運★それなりに勢いはあるものの、小さな失敗で落ち込みやすいよう。開き直りの気持ちも大切。まめに気分転換を★健康運★食べ過ぎに注意。胃腸のケアを忘れずに★幸運を呼ぶ食べ物★サトイモ[Kizuna]2