ブックタイトルJAなめがた広報誌 きずな No.166

ページ
6/16

このページは JAなめがた広報誌 きずな No.166 の電子ブックに掲載されている6ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

JAなめがた広報誌 きずな No.166

そうです受けあ互いにでも交かたばみさとし●北浦地区方波見諭さんこれから就農を考える人のモデルになる経営をしていきたい友人は卒業後多くが県内で就ときできた同世代の、同じ環境農業について2年間学びましう」という思いが生まれ、学校もに方葉波し見ょ諭うさがん、(ちん35)は、お父さんっ、刺、流農たたににでの。が将い農レ。てと激しし。入き。2来うン2い、あここい継業コとるをお今るのそれ泊うがを諭にンと学、をきっかけに、農業に対して「3日の体験学習に参加しまし思いを持ち、岩井の農業大学校ないと、この施設がもったいないどうするか考えてみた時、自分さんですが、高校3年生の夏全く関心をもっていなかったとを栽培しています。子供の頃はげん菜1すぐびとVol. 15やりがいを感じますね。」と地道な作業が結果になって達成感との中を見て、平らに育っているのを見る影響が強いので、気を配ります。ハウス立たない、面倒な仕事ほど野菜に出るの確認や、湿度の管理、水管理など、目てきました」と話す諭さん。「朝晩の葉だらけだけど、普通と思えるようになっ所ですか。」と尋ねると、「ほぼつらいこと「農業をしていて大変な事はどういうをしたり、収穫も臨機応変に動きます。でもします。水の掛け具合や虫の確認います。分担といっても、天候次第で何を2人の外国人研修生と分担し行って管理、運営を諭さんが、収穫出荷作業業経営を譲り受けました。現在は生産諭さんは約10年前、お父さんから農キャリア15年3の展望を話してくださいました。して行けたらと考えています。」と今後られるモデルになるような経営を確立ありかた、特に学生に農家就農を薦め後の就農する方へ向けて、兼業農家の家は、兼業農家の部類に入ります。今看護師をしている、別の仕事をしているをします。自分の家のように、奥さんが続けられるか、そういう方へアドバイス後、5年後、10年後にも経営ができるか、トの問題がまずあります。また、3年す。「新規就農する人はスタートのコスを受け入れたりする活動も行っていま格を持つ諭さんは、新規就農者の研修茨城県が認定する青年農業士の資兼業農家のモデルに41収穫間近のちんげん菜2ご自宅前に広がるれんこん田3定植作業する外国人研修生4マルチはがし作業5季央(ときお)くん、百那(もな)ちゃん、妃那(ひな)ちゃん、一誠(いっせい)くんもお父さんの作った野菜が大好き!5獅子座(7/23~8/22)★全体運★性格の良い面がアピールされ、円満な人間関係が築けそう。初対面の相手にも気さくに話し掛けて。旅行も吉★健康運★運動不足になりがち。しっかり動くこと★幸運を呼ぶ食べ物★小豆[Kizuna]6